見込み顧客の獲得

『潜在顧客』と『見込み顧客』という言葉をよく耳にします。この『潜在顧客』と『見込み顧客』の違いをきちんと知っていますか。見込み顧客というのは「商品やサービスを購入してくれる見込みのあるお客さん」の事を指します。「潜在顧客」というのは、今はこちらの商品・サービスの存在を知らないが、その存在さえ知ってくれれば、見込み顧客になる可能性のある人々のことを指します。よって、ホームページを制作をするということは、『潜在顧客を見込み顧客に換える』ということが目的となります。もちろん見込み客の獲得で終わってしまったら売り上げにも利益にもつながりません。

しかし物事は順序立てて考えるべきです。自社のホームページにアクセスしてくれただけで、商品やサービスが次々と売れるならそれに越したことはありません。しかし、実際には、ホームページを見ただけではお客さんがすぐにその商品やサービスを購入したり、注文してくれるわけではないのが現実です。

そこで、企業は潜在顧客を見込み顧客にかえるため、様々な工夫をしています。例えばテレビコマーシャル等で無料のお試しセットの紹介を見たことがあると思いますが、『今なら無料でお試しセットをお届けします』とかも含めて、顧客の獲得の前に『見込み顧客』を獲得しようとしています。

弊社もこの手法を用いています。弊社がクライアント様からホームーページ制作を依頼された時、年間で32万円いただく訳ですが、弊社やるべき仕事は以下の様になります。地域分析、競合分析、ブランデング、ターゲティング、ドメイン管理、サーバー管理、ホームーページの更新、顧客分析、アクセスログ分析、ホームーページのコーディング、デザイン、内部SEO対策、外部SEO対策、アクセス分析、コンテンツ制作の追加、動画制作など・・・。

ホームページを新規に制作するには大変な労力と時間を要します。はっきり言いますと、最初の年から月々10万円程いただきたいところです。ですが最初の年は、月々2万円しか頂かないのは、いきなりがつがつと顧客獲得するのではなく、最初は見込み顧客の獲得に重点を置くという考え方だからです。まずは弊社の実力を確認して頂き、その後に2年目のご契約とつなげていきます。弊社に2年目からの目的が『顧客獲得』という事なのです。そのために必要なノウハウもお伝えします。是非ご期待下さい。

『ターゲティング』についても少し触れようと思います。理想としてはどの地域、性別、年齢層、収入額に関係なく、商品やサービスが売れるのが、理想的な話です。しかし、なかなかうまくいかないのが現実です。そこで、ホームページを制作して売り上げや利益を伸ばそうと考える方が多くいらっしゃるでしょう。今は、個人でも簡単にホームページの作成が出来る時代ですから。しかし、ターゲティングという概念無しではホームページ制作戦略は成立しません。

弊社ホームページでも訴えていますが、情熱のある経営者様と真剣にブランデングに取り組もうとする経営者以外はお断りをしています。お断りをしないと、クライアント様も弊社も時間とお金を無駄にしてしまいます。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

PR:生命保険の選び方/生命保険の口コミ.COM/JALカード/工務店向け集客ノウハウ/お家の見直ししま専科/健康マニアによる無病ライフ/英語上達の秘訣/英語上達の秘訣/女性向けエステ.com/クレジットカードの即日発行じゃけん