過払い金が発生している可能性のある人とは?

過払い金とは、本来ならば支払う必要がないお金です。それにもかかわらず、消費者金融やノンバンクに対して支払い過ぎてしまったお金の事なのです。長い間に借金の返済を続けている人は、過払い金が発生している可能性が充分にあるので、借金を完済したり、借金を減額したりすることが考えられます。過払い金が発生している可能性があると思われる人は弁護士に是非ご相談ください。

貸金業法の改正前、消費者金融やクレジットカードなどの貸金業者は「グレーゾーン金利」を設定し、利息制限法の上限を超える金利を受け取っていました。

平成22年6月18日の改正貸金業法の完全施行により、出資法の上限金利は20%になりましたので、もともとあったグレーなゾーンの金利は撤廃されました。これによって借入については、金利は利息制限法の15~20%となります。

法律が改正されても、過去に行われたの取引の金利が利息制限法の範囲内に変更されるわけではないので以前の取引で過払い金が発生している場合には、2010年(平成22年)6月18日以降でも過払い金の返還請求をできる可能性が大いにあるので法律の専門家である専門の弁護士に相談するべきです。