私が香木の高価買取を実現した方法について

亡くなった祖父の家で遺品の整理を行っていた時に、私は木箱に入った謎の木片を発見しました。もっとも私だけでなく一緒に遺品整理をしていた母親も、骨董品や美術品等には一切興味がないため見付けた当初は、こんな何の変哲もない木片を木箱に入れて仕舞い込んでいたのが単純に謎でした。

なのでインターネットで調べた所、どうやらそれは香木であり、香木の中にはかなり価値が高い物がある事を知りました。特に中国では高い需要があり、質の高い物であればかなりの高値で取引されている事が判明したのです。私は訳の分からない木片にそんな価値がある事に驚くと同時に、このまま持っていても仕方がないので売却する事にしました。ネットで調べてみると、様々なお店が香木の買取を行っていたのです。しかも買取を依頼するお店によって鑑定額に差が出る事も珍しくないとの情報を知り、慎重に売却先を検討する事にしました。

そこでネット上で出張買取が可能な上に、口コミ等の実際の利用者からの評判が良いお店を3つばかり選んで査定して貰う事にしたのです。結果的にはそんな風にして複数のお店に直に査定して貰って、正解でした。というのも3店共に、質が高い沈香というインドネシア産の香木だと鑑定しましたが、査定額には差が出たからです。しかも1番高い査定額と低い査定額の差が、3万円近くも出てしまいました。結局、私は1番高い金額で査定してくれた2番目に査定を依頼したお店に買取を依頼したのです。お陰で発見時には意味不明な木片だった香木を、82万円というかなりの高値で売却する事が出来ました。