実家に眠っていた掛け軸がまさかの買い取り額に

実家のガレージから、見慣れない品物が出てきました。なにやら歴史のある掛け軸で、素人目に見ても、これが普通の品物ではないことが伝わってきます。両親に聞いてみると、父がまだ20代のころに、海外で買ってきたとのことですが・・。

気になる。某有名鑑定番組に出すことも検討する中、実家(目黒区)のすぐ近所に、実績のある骨とう品店があることが判明。ネットで調べたところ、かなり高評価だったので、実際に鑑定してもらうことになりました。

掛け軸の出張査定や宅配買取など、最近では便利なサービスが展開されていますが、家の近所にあるのなら、店頭に持ち込むのが一番簡単ですよね。というわけで、お店まで出向き、そこで鑑定をしてもらったわけですが・・。

結論から言いますと、それなりに価値のある品物だったようで、なんと8万円の値が付きました。父に確認をとってみると、「特に思い入れのある品物でもないので、そんなに高額で引き取ってもらえるのなら、そうしてくれてもいい」との返答を得ました。というわけで、即決で買い取りに承諾し、8万円をゲットする運びとなりました。

まさか、掛け軸で8万円とはね。せいぜい、1万円になれば御の字、といった心境だっただけに、その8倍もの値が付いたことには驚きを隠しきれませんでした。承諾書に、サインをするときも、ちょっと手が震えていましたしね(笑)。いずれにせよ、大きな臨時収入となり、これで家族で国内両行に行ってきました。