赤味噌はもう手放せない!健康と日々の美味しい料理の強い味方

独特の風味が特徴的な赤味噌。名古屋の人だけの味噌だと思っていませんか?そんな疑いをもっていた私ですが、赤味噌の独特の風味をもたらしている「メラノイジン」の健康効果を知ってからは、もうずっと赤味噌の魅力にとりこになっています。

赤味噌は大豆を蒸して丸ごと利用し、米麹あるいは豆麹となどと塩を混合して、長期に渡り発酵熟成させたものです。色が特徴的なのは、長時間にわたる発酵によるものです。そして長時間にわたって発酵させることによって「メラノイジン」と言う成分が豊富となります。この聞き慣れない「メラノイジン」、赤味噌をより魅力的にしている成分なのです。「メラノイジン」には、赤味噌独特の糖尿病の予防、老化を防ぐといった効果を含め、善玉菌を増やす作用があるんだとか。老若男女に嬉しい効果満載ですね。

3世帯で暮らしている私は、義母の老化防止、旦那の糖尿病予防、そして自分の善玉菌を増やすために毎日の味噌汁はもう赤味噌なのです。赤味噌が手放せなくなってからは、味噌汁だけではなく赤味噌を上手に使ったレシピにも手を出し始めました。例えば今からの寒い季節、ふろふき大根を赤味噌でいただくだけで美味しい一品が完成します。発酵食品は近頃のブームになっていますが、赤味噌もその素晴らしい効果を発揮する食品と言っても過言ではないでしょう。

近年の発酵食品ブームの波のおかげで、お近くのスーパーでもお手軽に手に入る商品です。日々の生活に赤味噌を取り入れてはいかがでしょうか。美味しくて健康な赤味噌は、一番手軽に日々の生活に潤いを与えてくれる食品なのです。