ビジネスホテルの部屋の殺菌と脱臭に高濃度オゾン生成器が大活躍

私が、最近まで働いていたビジネスホテルでは、15年前くらいに、高濃度オゾン生成器を数台通販で購入いたしました。それは、掃除係で働きに来ていたパートの方からの、部屋の臭いがとれません。という、一言から始まりました。最初は、オゾン生成器とは、どんな物なのか、効果はほんとうにあるか疑問で1台の購入からでした。

その当時、業務用オゾン生成器1台でも、かなり高かったのを今でも覚えています。まずは、臭いの強い部屋で使用してみました。人体に有害というだけあって、ちゃんと作動しているのかと、部屋に入ってみると、すごい臭いだったのを覚えています。ですが、作業が終わり一度換気をして、改めて部屋に入ると、部屋の中の嫌な臭いが消えていました。『これはすごい。』と思いました。尚且つ、除菌効果もあるということで、あと数台購入してはどうかと、おすすめしました。今では、コロナ対策の一つとして、すごい活躍しています。

インフルエンザ・コロナウイルスの感染力を低下させる効果があるという情報もでており、知っている、お客様は、すごく安心してくださっていました。ですが、やはり人体被害が出ているのも現状です。家庭用などの低濃度ではないので、密室での高濃度オゾン生成器は、一歩間違えれば危険をともなうので、使うのは社員のみでした。換気するためには、部屋の窓を開ける、換気扇を回す、どちらかしかないのでドアを開けるとすぐに息を止めて、急いで窓を開けていました。体調が悪くなったという社員もなかにはいました。今後もコロナの感染力の低下に役立つのでおすすめですが、使い方などをしっかり守ることも大事なことです。