ホームページの制作に伴う似顔絵コンテンツの作成を依頼したこと

Jimdoで制作したホームページに、掲載したい画像コンテンツについて、地元の制作専門業者に依頼した経験があります。そしてIT導入支援業者に依頼したので、ホームページ制作によるIT導入補助金も受ける事ができました。ホームページ制作のメイン構成としては、個人制作したゲームアプリを紹介する文章のライティング、ダウンロードのファイルサイズや制作した年月、バージョン、プラットホームのアイコンに販売ページをリンクが1ブロックとなっており、制作した順に1th,2ndと番号を割り当てるというものでした。しかし、これだけではホームページのコンテンツとして不十分でした。ロゴマークは自ら考案した画像を使用していました。そして、ホームページ制作で大事な要素である本人のイラスト画像または写真を掲載したほうが、ホームページを訪問したユーザーに親切だと考え、似顔絵のイラストを発注することにしました。他に発注するきっかけとなったのは、イラストのスキルをサンプル提示で販売するオンラインストアでサンプルを閲覧したからです。
実際の発注は、クラウドソーシングで依頼するページを立て、制作イメージを記入して行いました。4人の応募があり、それぞれの得意なイラストのテイストでいただきました。プロジェクト方式で発注したため、応募いただいた方それぞれに個別に応対する必要があり、選定に迷いました。
最終的には二人に絞りましたが、何度かメールでやり取りして、イラストを書き直して戴いたところ、配色の系統まで細かな提案のあった女性デザイナーに決定しました。制作前後から細かな部分での微調整をしていただき、当初のイメージよりもオリジナルなコンテンツとなり、依頼して良かったです。
この似顔絵コンテンツをきっかけに、ホームページ制作の大幅な改修を実施しました。フォントやフッター背景、見出し背景のカラーを似顔絵の配色で使用している色に変更でき、色合いが調整できたので良かったです。
アプリリリース後年月を経ても、何かのきっかけでダウンロードされることがあり、ホームページへのアクセスも新規アクセスが半数以上の割合ですので、集客効果もあってホームページのコンテンツとしては正解だったと確信しています。ありがとうございました。